バリアフリーマーク付き[視認性向上マーク] エスカレーター手すり広告
UD ESC-A[ユニバーサルデザイン・エスカ]

エスカレーター利用者の安全性を向上させる
バリアフリー機能を備えた新しいエスカレーター手すり広告です。

エーディ株式会社
UDエスカエスカ広告効果について施工実績よくあるご質問掲出可能場所リスト会社概要お問い合わせ
UDエスカのコンセプト UDエスカ開発の経緯 UDエスカ施工例
UDエスカ開発の経緯

エスカレーターの事故は、エレベーター等の同じ移動補助設備の中で最も多く、高齢者や視覚障がい者の割合が高いこと、交通バリアフリー法・ハートビル法により、エスカレーターの安全・円滑な移動インフラ機能としての重要性が高まり、設置台数も益々増加している事等の背景を踏まえ、弊社はエスカレーター手すり広告を交通機関・商業施設等への単なる広告メディアとして販売する戦略ではなく、高齢化社会・福祉社会における都市インフラ的価値をももたらす事のできる、新しい広告メディアとして提案します。
●東京都内におけるエスカレーター設置台数は、平成17年度末で12,261台になっています。(日本エレベーター協会資料より)。
●下記の実態(事故人数1,199人)を踏まえると、1年間に100台のうち約10台で事故が起こる計算になります。

平成17年2月、大手エスカレーターメーカー、NPO法人のご協力のもと、エスカレーター実機を使った実験を実施。高齢者や弱視者など視覚障がい者を被験者として、エスカレーターの動きに対する視認性(進行方向・速度の把握し易さ)を向上させるため、手すりに『バリアフリーマーク(視認性向上マーク)』を施したフイルムを貼付けし、実験により効果を確認した。(以降、知的所有権対応として視認性向上関連技術の特許:11件を出願)
視認性向上効果を学術的に実証し、安全確保に貢献するメディアとして確立させるため、平成17年9月〜東京大学先端技術研究センターバリアフリープロジェクト中野特任教授(現慶応大学教授・東京大学客員教授)との共同研究を推進。
平成20年6月〜7月 東京都盲人福祉協会、東日本旅客鉄道株式会社のご協力のもと、JR新宿駅にてフィールド実験を実施。効果の実証を行いました。
平成18年12月20日施行のバリアフリー新法では旅客施設(鉄道駅・空港等)内エスカレーターへの音声誘導システム導入が義務づけられるなど、エスカレーターが視覚障がい者の重要な移動手段のひとつとして位置づけられました。そのガイドライン(平成19年7月公表)には、エスカレーターのハンドレールに「しるしなどにより、ベルトの進行方向を表示する事が望ましい」との表記が盛り込まれました。

学会発表(一部)

●第44回鉄道サイバネ・シンポジウム
(2007.11 東京 東日本旅客鉄道株式会社)
●VISION2008 in Montreal(2008.7 カナダ 慶應義塾大学)
●第9回日本ロービジョン学会学術総会(2008.9 東京 慶應義塾大学)
●日本福祉のまちづくり学会 第11回全国大会
(2008.8 新潟 慶應義塾大学)

バリアフリー機能を備えた新しいエスカレーター手すり広告
UD ESC-A[ユニバーサルデザイン・エスカ]